春のチューリップ

春先になると咲くチューリップが、たくさん植えられている家があります。
そこを、春にとおると、少し歩くのをゆっくりにして花を拝ませてもらうんだけど、
どうしてあんな綺麗に色が並ぶんだろう、
球根のときから色が分かっているのかなって思って、
そこの家の人がいる時に思い切って聞いてみたことがあります。

でも、「適当に植えたらこうなった」でした。
それはそれは計算してたように綺麗な配色になってるんです。
奇跡ですね。

毎年そんな感じなのですよ、奇跡だ。

チューリップの方で並び替えてるとしか思えない(!)。
球根時代から「キレイに色が並ぶようにしましょうかね」って打ち合わせしてるかのようだ。

もしくはオーナーが「適当だよ」とか言いながらしっかり把握してて植えてるのかも。

チューリップそのものは好きな花ではないのですが、あんなにきれいに並ぶと、
とってもきれいだなって思います。
うちもあんなふうにチューリップ植えた・・・・くはないか。
好きな花じゃないからなー。

でも綺麗に咲くチューリップを見てるのは好きですよ。
とにかく綺麗なんです。
皆に見せてあげたいくらい。

このブログ記事について

このページは、えいじが2019年10月 1日 16:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「イヤリング」です。

次のブログ記事は「眠くて眠くて」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。